Cochlodinium polykrikoides
    (コクロディニウム ポリクリコイデス)

Cochlodinium polykrikoides は顕微鏡を使わなければ見えないとっても小さいプランクトンです。

Cochlodinium polykrikoides

このCochlodinium polykrikoides が赤潮になってNOWPAPの海で大きな問題を引き起こしているので、中国・日本・韓国・ロシアの研究者が一緒に、研究をしています。

NPECはこの研究者を応援しています。
皆さんも一緒にNOWPAPの海、日本海の問題を考えましょう。

NOWPAPは、下の地図のやや濃く塗ってある,日本・中国・韓国・ロシアに囲まれた海域です。その範囲は、東経121-143°および北緯52-33°です。


Cochlodinium polykrikoides』は、『コクロディニウム ポリクリコイデス』と読みますが長くて読みにくいのでこれ以後のホームページ内では『コクロ』と表します。